バージニア工科大学の銃乱射事件

バージニア工科大学の銃乱射事件はすさまじい事件だった。30人以上が死亡するという大惨事だった。

この事件自体がすごい事件だったけれども、それよりもびっくりさせられるのが、アメリカの当時の銃規制だ。当時のバージニア州は、アメリカでも最も簡単に銃が購入できる州の1つだったらしい。

そのあたりの事情に詳しいジャーナリストの意見を聞くと、アメリカの市民権があれば非常に容易に手にできるし見本市などではその場でわたしてくれるらしい。

ネバタ州だと対戦車ライフルまでもが手に入るということだ。

対戦車ライフルなどを購入してテロでも実行されたらどうする気なのだろうかと本当に思う。アメリカは先進国というよりもこういうところは発展途上国そのものだ。