TPPなんて必要ない

トランプ大統領になってTPPの問題がなくなって本当によかったと思っている。

自由貿易うんぬんとわけのわからないものはやめておいた方がいい。今回の東芝の件でも解ったとおりアメリカの会社と取り引きするのはホントに命がけとなる。

東芝は大企業だが、負債は最低でも8000億円となるらしい。

8000億円といえば、どこぞの国の国家予算なみの金額だ。日本人に1人8000円程度配ることができる額だ。

そんな金額をアメリカの会社との取り引きの中で損してしまうのだからTPPにを締結されたら何をされるかわかったものではない。

1番こわいのは銃の規制だ。

TPPが行われたら必ずアメリカは日本に銃を売りつけてくるだろう。

そうなったら、日本社会はアメリカのような銃社会になってしまう。

少子化だなんだとこわがって外国との貿易に活路を開こうとするならば、内需をもっと拡大することを考えたほうがいい。

もう日本では成長産業を生まれないなどと言う人はいるが、成長産業はたくさん現れている。

例えば、人気同人サークルのアイスピックが制作する夏のオトシゴなどは、今インターネットの世界で大人気になっている。

真面目なオトナの人しか経済学者にはいないからわからないが、こういったインターネットのコンテンツの世界はもう新しいコンテンツが生まれている。

だから、安直に自由貿易なんて考えない方がいいのだ。

アメリカの銃社会の未来

アメリカをよく知るアメリカ人の人が日本人が知らない意外な事実を教えてくれた。

それは、アメリカには民兵組織ミリシアと言う軍隊があるということだ。

元軍人で構成されているこの組織は、アメリカ全土に10万人ものメンバーがいるらしい。

今回、トランプが政策を誤ればこのミリシアがアメリカ全土で大暴動を起こす可能性があるという。

そんなことになれば、アメリカ陸軍でも止められないとのことだ。

アメリカの社会情勢はそんなレベルでとても危険な状態にあるらしい。日本にいるとそんな危険さなんて全く感じないがそんなことになったら日本経済もガタガタになってしまうだろう。

アメリカ人が基本的に銃を持つ理由は、自分を守るため、そして連邦政府と戦うためという理由が大きいらしい。

まさに民兵たちが連邦政府と戦いはじめたらどうするつもりなんだろう。

今の日本の社会ではここまでの緊迫した動きは全く見られない。

アメリカに比べれば全く異なるレベルで平和な社会になっていると言えると思う。

近年、アメリカのコミック誌などでは、激しい銃撃戦や殴り合いをメインにしたコミックが大人気になっている。

そんなバイオレンスなコミックが人気になるのはアメリカの社会情勢を反映しているからなのだと思う。

日本では今、アダルトコミックが大人気になっている。NTR系同人誌などは記録的な大ヒット作品がたくさん出ている。

アダルトコミックが大人気になるのもちょっと問題だと思うがアメリカの社会情勢を考えればずっといいと言えるだろう。