アメリカの銃社会の未来

アメリカをよく知るアメリカ人の人が日本人が知らない意外な事実を教えてくれた。

それは、アメリカには民兵組織ミリシアと言う軍隊があるということだ。

元軍人で構成されているこの組織は、アメリカ全土に10万人ものメンバーがいるらしい。

今回、トランプが政策を誤ればこのミリシアがアメリカ全土で大暴動を起こす可能性があるという。

そんなことになれば、アメリカ陸軍でも止められないとのことだ。

アメリカの社会情勢はそんなレベルでとても危険な状態にあるらしい。日本にいるとそんな危険さなんて全く感じないがそんなことになったら日本経済もガタガタになってしまうだろう。

アメリカ人が基本的に銃を持つ理由は、自分を守るため、そして連邦政府と戦うためという理由が大きいらしい。

まさに民兵たちが連邦政府と戦いはじめたらどうするつもりなんだろう。

今の日本の社会ではここまでの緊迫した動きは全く見られない。

アメリカに比べれば全く異なるレベルで平和な社会になっていると言えると思う。

近年、アメリカのコミック誌などでは、激しい銃撃戦や殴り合いをメインにしたコミックが大人気になっている。

そんなバイオレンスなコミックが人気になるのはアメリカの社会情勢を反映しているからなのだと思う。

日本では今、アダルトコミックが大人気になっている。NTR系同人誌などは記録的な大ヒット作品がたくさん出ている。

アダルトコミックが大人気になるのもちょっと問題だと思うがアメリカの社会情勢を考えればずっといいと言えるだろう。